『企業IT動向調査2022』

一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(略称:JUAS)は、経済産業省 商務情報政策局の監修を受け、今年度もITユーザー企業の投資動向やIT戦略動向などを観測する「企業IT動向調査2022」を実施いたします(調査期間:2021年9月~10月)。

 本調査は、企業のIT部門を対象に、アンケート調査とインタビュー調査を行い、企業におけるIT投資、IT利用の現状と経年変化を明らかにするとともに、年度ごとに重点テーマを設定し分析を行っております。

重点テーマ : デジタル経営の分岐点

2020年度は新型コロナ禍により、多くの企業が非接触・非対面での社会活動を余儀なくされ、ニューノーマルと呼ばれる新たな価値観を生み、アフターコロナ社会に向けて経営や事業を問い直す大きな契機をもたらした。デジタル化に対する意識は一層高まり、経営とITがより一体となり高度化し、新しい秩序を創り出す「デジタル経営」と呼ぶべき新たな時代の幕開けを迎えた。

2020年度調査は「ニューノーマル時代のIT動向」を重点テーマに据えて調査を行い、新型コロナ禍の経験を活かし全社DXフォーメーションに横軸を貫く準備と行動の時であると示した。

日本企業のデジタル経営幕開けへの準備はできているのだろうか。新たな価値観の中、持続的成功に向けた分岐点が訪れているといえよう。
そこで、2021年度調査は『デジタル経営の分岐点』を重点テーマに、DXリスタートとも呼べる今、IT部門は企業経営の中でどのような役割を果たしていくことが求められ、どのようなシナリオを描くことが求められているのか探る。

調査項目

調査項目は、下記の各章ごとに定点で観測する項目と、その時のトレンドに合わせたトピック設問で構成しています。
本年度は新型コロナ禍を経て、IT部門のみならず、企業活動全体に変化が起きていることを踏まえ、全体の設問構成を見直しました。

・IT予算・投資マネジメント
・DX
・グループ/グローバルITガバナンス
・情報セキュリティ
・IT組織・人材
・ワークスタイル変革
・IT基盤・システム開発
・データ活用とレガシーシステムへの対応
・未来に向けたテクノロジー活用

「企業IT動向調査2022」Web回答について

※本年の調査は無事終了いたしました。ご協力ありがとうございました。

下記URLよりWeb回答が可能です。 

» URL:https://rsch.jp/eqt4/?itdoukou2022

締切日は10月11日(月)17:00までです。
ご回答はWebアンケートよりお願いいたします。IDとパスワードは送付済みの依頼状に記載してあります。
調査票はアンケートサイトトップページよりダウンロードいただけます。
※1社、1回のみの回答となります。なお、アンケートのご入力は途中保存が可能です。
ぜひ、ご協力のほどお願いいたします。

» 過去の調査結果はこちらから

本件へのお問合せ: 山畔・鈴木(itdoukou@juas.or.jp)